イイファス株式会社 製品購入はシグテックファスナーオンラインショップでどうぞEnglish中文

2021年04月06日

災害の多い国「日本」だから「優れた安全性」の「GSブランド」を立ち上げます。

日頃より弊社オリジナル製品をご愛顧頂きありがとうございます。

各地から台風や地震による足場倒壊のニュースを聞きます。原因は様々で尚且つ自然災害のため避けられない事故も多いと思います。そこで出来るだけ安心安全な暮らしを守るため【GSブランド】(ブランドの意味:Great Safety, 優れた安全性)を立ち上げました。

Great Safetly Logo.jpg

この度、GSブランドの展開に伴い、先ずはGS アシバツナギの改良・改善を図ります。

GS アシバツナギ:壁つなぎアンカー(仮設足場接続 4分ナット控え金具)の定番品。これからも進化します。常に求められる機能を追求し、独走状態を維持します。

GSアシバツナギの選択と施工方法について.pdf

壁つなぎ控え金具「アシバツナギ」押出成形セメント板(略称ECP)用等について.pdf

なお下記の開発も予定しております。GSブランドの発展を通じ、より付加価値の高い製品の安定供給を目指してまいります。

GS マジックナット:新機能の追加予定、製造法の合理化も進めます。

GS フリップアンカー:新機能の追加予定、製造法の合理化も図ります。

GS 戻り止めナット(弛み止めナット)(仮称):世界初の画期的なアイデアにて製品化の準備中。日本国内を含め、全世界に向けて発信します。

GS クイック高ナット(スピードカップリングナット)(仮称):業界が求める省工程化が実現される画期的な製品になる予定です。ドリルインサートの関連商品です。

GS フリップボルト:新開発した新製法により、多機能を有する片側締結・ブランドアンカーとなる予定

GS 壁つなぎ(仮称):GS アシバツナギの機能が更に向上される製品を予定

GS 耐震コイル式アンカー(仮称):業界初の製品になる予定

上記は全て国際特許出願中です。
GSマスコットキャラクターアシバツナギ.jpg

GS brand products are your best fastening parts!

宜しくお願い致します。
イイファス株式会社
posted by iifas at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月05日

アシバツナギ 足場用壁つなぎアンカー 雄ネジW1/2-12控え金具について

日頃より弊社オリジナル製品をご愛顧頂きありがとうございます。

昨年末からの材料不足、原材料の高騰、最近の原油の値上げに起因する物価高騰は各方面に多大の影響を与えており、弊社におきましても大きな影響を受けております。誠に心苦しいですが、2021年4月1日から価格改定のご案内をお取引先様へご案内しております。何卒諸事情をご賢察のうえご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回の価格改定に伴い、【アシバツナギAWS(ナット可動式)】、【アシバツナギAFS(ナット固定式)】および【新アシバツナギS SM(ナット可動式)】、【新アシバツナギS SF(ナット固定式)】について、安全性の見地から改善を図りました。

改善点:一般的な外壁材の厚さは35mmです。今回の変更により、例えばAWS-51とNEW AWS-51の最大適応壁厚が37mmとより大きくなります。AFS-50とNAFS-50の最大適応壁厚は36mmになります。また、完全なネジ部にて外壁材に打ち込むことが出来るようになり、より適切な締結を保つことが出来、高い安全性を実現します。
GSアシハ゛ツナキAWS2021.jpgGSアシハ゛ツナキ゛AFS2021.jpg新アシハ゛ツナキ゛S SF2021.jpg新アシハ゛ツナキ゛S SM2021.jpg

今後も「常に選ばれ・求められ、他社にはない独自の製品」をご提供して参ります。

宜しくお願い致します。
イイファス株式会社

catalogueGSアシハ゛ツナキAWS2021.pdf
catalogueGSアシハ゛ツナキ゛AFS2021.pdf
catalogue新アシハ゛ツナキ゛S SM2021.pdf
catalogue新アシハ゛ツナキ゛S SF2021.pdf

GS アシバツナギ AWS-40 ロングポイント
AWS-40 ロングポイント ナット可動式2.jpg

GS アシバツナギ NEW AWS-26, NEW AWS-51, NEW AWS-76, NEW AWS-106
NEW AWS-26, NEW AWS-51, NEW AWS-76, NEW AWS-106 ナット可動式 P1.0.jpg
posted by iifas at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記